『きらが様』

この前室戸に行った時、友だちが、こんな美しい人形をくれました。90幾つの方が作られているそうで、売っているものではないそうです。写真ではわかりにくいですが、15もない小さな人形ですが、何とも言えない艶やかさがあります。着物も帯も、古裂を使って丁寧に出来ています。

アタシは『人形』はあまり好きではないのですが、この人形はちょっと違うなという気がしています。何故かはわからないのですが。何かが違うんですね。大事に眺めて、考えてみようと思います。そうそう、名前は『きらが様』吉良川という古い情緒のある町並みがあります。友だちがそこに住んでいます。
スタジオで

用事があってスタジオに寄りました。いつものスタッフが関係者と話していて、ミーのことを紹介してくれました。「この頃はあまり作ってはらへんけど、ビデオ作家さんで」とか言うから、「えーそんなの思たことないしw」と言いましたわ。本物の『ビデオ作家』さんに申し訳ないですよ。多分、器用なので、こういう表現方法もあるねくらいに思っています。
 
11年ほど前、ステンドグラスの個展の時に『プロモーションビデオ』を作ろうと思ったのがきっかけでした。時間が足りないと思い、プロモは静止画で作りましたが、ただ、その頃、メンタルでかなり弱っていたのですが、スタジオの器機に集中するのが良かったのです。不思議なセラピーでした。師匠のクラプトンとの出会いでもありました。プロモが出来ても、アタシは暇を見つけてはスタジオに通い、クラプトンにビデオを勧められました。クラプトンが言ったの「きっと、すぐにコツを覚える」。カメラもクラプトンのお古で、編集機はスタジオの、「倉庫に仕舞ってしまうなら清水に貸しとけ」です。もう、だあれも使えないし、壊れたらマジでだあれも直せないアナログです。そんなので作っていますので、作家なんてものではないのですよ。
 
写真が、最初からアタシが使っていたパソコン。今は新しい機種になっていますが、これまた当時は人気のない古いタイプのパソでしたよ。隅っこでね、ここが良かったの。「もー、ここに寝たいわ」とか言ってました。アタシの好きな場所だって、ステンドグラスの写真が貼ってあるでしょ。今のスタッフが貼ったんですよ。ある頃から、なかなか行けなくなって、久しぶりに行ったら貼ってあったから、多分、アタシに来て欲しかったンだろうと思いました。
雨の日

マイケルの映画『This Is It』で、監督のケニー・オルテガが舞台に駆け上がって、興奮して(ると思いますけど)言います。「ロックの教会だー」。しっとりと雨の日のマイケル。ケニー・オルテガとならんで見ている感じ。「まさしく『教会』ですね
芝桜のO.I.A

2時過ぎにオープンしました。
今日は、この前から約束していた『野菜の苗』を買いに、母を連れて出ました。一番近いコメリさんですが、お天気だったから、ついでに、わりと近くの、母の妹のお墓参りもしました。ジャパンにも寄りましたが、時間がたりなくなり、金曜日には、買うものが無くてもジャパンに遠足(?)に行くことにしました。日曜日に弟が連れて出たりしてくれますが、一週間、デイと家だけなので、たまの買い物は嬉しいみたいです。

スケルトンのバッグ

スケルトンのバッグをさがしていて、これッというのに出合わないと言いました。それで、ダイソー(100均)のビニールバッグを、つまりお子ちゃまのプールバッグみたいなのを買いましたら(写真右)これがなかなかいいんです。バッグインバッグのクロード・モネがいいです。ただ、ちょっと小さい
 
「これッというのに合わなくて」と言いましたが、ちょっといいなと思うものはありました。お値段も2,200円位だったので買いました。今日(チューゴクから)届いて、写真の左のです。色は(シャンパン)ゴールド。大きさはB4まで入りそうで、これはいいです。カワイイのは断然ダイソーのですが、まあ、100円と2,200円なんでw。やっとmyスケルトンのバッグ、手に入りました。
▲ページTOPへ