FC2ブログ
妖精ちゃんのパシリ

今日は北風が吹いて寒いのですが、孫ちゃんがおバスまで歩いていくというので、グランパのお墓の下で見送りました。歩いて行く後ろ姿がどことなくパパ(グランパ)に似ていました。ちょっと片方の肩が下がって
 
昨日、半年前にご主人を亡くしたお友だちが来ました。お元気な時は静かで恥ずかしがり屋で、店にもなかなか入ってこられなかったものです。その内楽しいお話をいっぱいしましたが、亡くなられる数年前から段々と痴呆が進み、徘徊や、暴れたり物を壊したりもされました。家族の方は怪我が絶えませんでした。みんな、気の毒でした。
 
その彼女が、「今の方が、お父さんと一緒にいるように思えるの」と言いました。
 
彼女は浄土真宗なので、ご主人はご浄土でもう偉い人になられているのかもと言います。私は(一応)天台宗ですが、パパは偉い仏様たちの美しい御国で妖精ちゃんたちと住んでいて、パパも(姿を変えて)現れることはあるけど、多くは妖精ちゃんたちがパパのお使い(この世でいう"パシリ")で来てくれるンじゃないかなと(※「金継ぎの妖精」)話しました。
 
どちらにしても、また他の考え方にしても、受けとる方に"力"が要ります。パパは美しい国で、妖精ちゃんにパシリしてもらってのんびりしてるはず。いいね。お友だちとも、その辺は同じです。
 
こぼれ種で芽がでたラグラスが少し大きくなりました。小さな、ぺんぺん草みたいな花は寒くても咲いています。
パーフェクト賞

「あなたは ねむたい時も しんどい時も 習い事で忙しい時も ゲームをしたい時も我慢して 毎日本読みをすることができました」
 
すばらしい
 
本当にすばらしいです。
乱入の記憶

時々、ゴールデン(リトリーバ)ちゃんを飼っていたとか今も飼っているとか、そして今でもレジェンドの「フランク」のことを話してくださる人があります。
 
「乱入!ランニュウ!」
「しましたよ
「するする!
 
大きな犬ちゃんが突然飛び込んで来るンです。確かにびっくりされますが、不思議に、不思議に"許される"、あれ不思議でした
 
フランクなんか、何べん乱入したことか。歩道で図面を広げて話している工事の人の中に入ったり、消防団の人がホースを巻いているところを襲ったり、お向かいの"陶の郷"にもよく乱入しました。嬉しかったみたいで。歓声が上がったことありましたよ。
 
その度に、パパも私も「あらァ、すみませーん」とかって、笑いながら。反省してへんやん。今だと"炎上"ものですか。ほんとに不思議でしたが、レジェンドのフランクの爆笑エピソードです。
 
写真は、「フランク男性合唱団に乱入」。バリトンがコケています。足を踏まれています?飛ぶ眼鏡、舞い散る楽譜。飼い主??
私服なのでリハですから、まだ良かったじゃないですか。なんて。
あいうえおの下敷き

孫ちゃんのランドセルが開いていて、下敷きがいちばん上にありました。「あいうえお」の書き方でした
 
いいですね
 
この表は去年の7月のでした。コロナがあって、6月から新学期でしたから、こどもたちがんばりましたね。今は漢字もたくさん覚えて、マスクをして元気に学校に行っています。もうすぐ2年生。
 
下敷き要らなくなったらグランマに頂戴、いっとこう。
アップルミント

ウォーキングから帰ってきて、まだ朝早い時間にお墓に参ることもあります。今日は日曜日だから、ゆっくりした時間でもいいけれど、なんだかんだで忘れてしまわないまでもタイミングがずれる時がありますから。
 
今日はミントの葉っぱを摘んでいきました
 
暖かい時間だと、パパの(お墓の)ところで、ウグイスちゃんが鳴いて、まだ下手だけど、なかなか可愛いのです。あれ、練習してるのかしら。練習じゃないけど、下手なだけかしら。
▲ページTOPへ