FC2ブログ
玉子屋さんの禅

昨日、母のところでサニーレタスをもらって、置いたまま持って帰るのを忘れてしまいました。母が「持って帰れば?」と言ってくれたものですが、その後の"トマトの手"にで忘れてしまいました。
 
弟に連絡。水に浸けて使えそうだったらいいけど、多分無理だから、母にわからないように捨ててくださいと。
 
なんか、さみしいですね。何だろな、歳をとることかな。みんな誰もなんだけど。
走る「雲」ちゃん

左向きに、犬ちゃんが走っています。お耳ちゃんが後ろに流れています。可愛いっ!右下にも、亀みたいなのが頑張って付いて走っているみたい。
ゴボウの芽

母が蒔いたゴボウが可愛い芽?を出しました。今のところは上手く行きそうです
 
今日は、トマトの"手"をするのを手伝いました。「それではないンだ」とか「そうしたらあかんけど」とか一つ一つ言われながら。まあ、多分、私だから言うンだとは思いますが
 
なにはともあれ、出来まして、やれやれ( ´-ω-)y‐┛~~でした。
 
どっと疲れ  そばでみている  若ごぼう
イマジン

雨は大したことはなくて、朝にはほとんど止んでいましたが、今日はウォーキングはやすんで、パパの仕事場にいます。まず、ピアノの楽譜を台紙に貼っておこうかなと。今度は「イマジン」です。
 
ある時、別な生徒さんが「イマジン」を弾いていたことがありました。お教室は、パパの仕事場の真上で、ピアノがよく聞こえるので、「イマジンが聞こえてたね」とか言っていました。ピアノの先生も、下でパパが仕事をしているのが、ラヂオの声などでわかったので、恐縮されながらも、なんか楽しかったみたい。今も時々言われます。「お仕事されてたねー」って。
辞書の楽しさ

TVで、子ども向きの"辞書"のコマーシャルをしていました。辞書をひく楽しさって、今の子どもたちにはどうなンでしょうか。辞書に限らず、何かを調べようとして、その途中で面白いことになっちゃったりするものです
 
まあ、今は画面だし、中には"音声検索"だったりで、、、。時代ですね。小学校に勤めている娘いわく、今の辞書はとても進化しているそうです。辞書の好きな子どもたちがいっぱいいるといいな
 
花は"ヤマガクアジサイ"、パパが散歩していて見つけて「きれいな花やなあ何て名前かなあ?」と調べていました。
▲ページTOPへ