冬いちご゛
13542692538130.jpg
今日、締め切りの提出物も無事出せました。「いつになったらとりかかるンかな」なんて、自分で自分のことを、そなふうに呑気に構えていましたが、何んだか、うまくいったかなって感じ。まずは、やれやれ。これで、明日からの12月を、元気に迎えられます。さっそく、明日は、冬苺をお庭に植えましょう。母のところへ行って散策をしては、冬苺を土ごとひいてきます。少し増やしたいのです。でも、いつも、寺山修司さんの「一輪の花でさえ、そこに咲いてよかったと思っているだろうと、思うくらいのやさしさをもちなさい」っていう言葉を思い出して、ハッとなりながら。美しいですね。冬の緑と赤。
▲ページTOPへ