fc2ブログ
風花の舞って

作品を梱包しかけたものの、一ヶ所初めから気になっていたところがやはりどうしても気になり、硝子を入れ替えることにしました。
 
何でもですけど、し直しってけっこう厄介です。そこのところで補修して、多分誰にもわからないくらいではあったんだけど、どうも気持ちが悪かったんだわ。よく「リーは完璧主義者だから」と言われますが、そーかなあ?と思いますけど、まあ、今回は完璧主義というよりプロ根性ね。0・5ミリのことなんですよ
 
やっぱり難儀しましたが、し直しが出来てこそプロフェッショナルだと思います。週明けで落ち着いていたので焦らずにできました。写真はし直しの仕上げ。パテ(黒いセメント)を入れて、米ぬかがなかったけど木の粉があったので油分をふきとっています。窓の外は風花。
 
この間、「誰々さんはステンドグラスが嫌いなんです。」と(うっかり)言った人がいました。よく知ってる人で、アタシがステンドグラスしてるのもよおく知ってるんですよ。ふーんなんだかわからないけど、テンション上がっちゃって、言った方はシマッタみたいでしたよ。アタシは聞こえなかったふりをしました。全然いいですよ。好きな人もいれば嫌いな人もいて世の中でしょう。
 
でも何かがあって嫌いになったんだと思うから、悲惨な人生なのかな。すごい汚れてて、ステンドグラスの光に倒されるとかね。可哀想だな。
▲ページTOPへ