和知では


ボケ封じのお寺に着いて、いつものように石段を歩いて上がろう・・・として、何か気配を感じました。ナント大きなサルが2匹、お寺から裏山に歩いて移動するところでした。ホントに大きくて、すばしこいの反対でノッシノッシ・・という感じです。びっくりしましてね、背筋がゾゾゾとなってしばらく動けなかったですよ。少しすると、お寺の裏山をまたノッシノッシ・・と歩いて上がっていきました。サルが動くというより、人がお山をあがっているような。ウ~ン、申年だし、いやいや、何なんでしょうか、ビックリしました。お遍路の時、徳島の山の中ではサルの団体に何度も出くわしました。コザルがいたり、わーと遊んでいるようでもありました。やっぱり、怖いですけどね、獣の雰囲気というのは。でも、今日のおサルはとにかく大きくて、顔がおサルの熊かも。、2匹!なんやったんや
 
でも、怖かったけど、●ビよりはましでした。●ビは、どんな小さくても血が逆流しそうになります。お友だちの由美子さんや秋山さんは、大好きなんだけど、一つだけ『パイソン(大●ビ)』柄のバッグとか持って「好きィ」とか言うんです。コワ過ぎるやろ
 
写真上 和知第二大橋、国道27顔号線 下を流れているのは由良川かな、夏はカヌーをしている人がいます。
写真下 27号線から府道に入って『美山』に続く道です。山も辺りの道路も、いつも綺麗に整備されています。ボケ封じのお寺はここから2キロ弱。大きなサルがいたんだわー。今日はビビりましたが、今度から魔除けの鈴を鳴らしながら行かなくちゃ。
▲ページTOPへ