FC2ブログ
間違えたらまた消せるよ

毎年、三学期のこの時期に、小学(四年)生が陶芸の体験をしに来ます。各窯元が受け入れて、学校によっては『窯元修行』なんていう学習だったりします。しばらくすると、子供たちの手紙が送られてきます。どのこも楽しかった様子を書いてくれています。
 
ある子は「雨の中、待っていてくださってありがとうございました」と書いていました。そう、20分ほど遅れてきたのでパパが待っていたのです。『くぎ(釘)で線や絵を書くとき、「間違えたらまたけせるよ。」と言ってくれたのはうれしかったです。』とありました。どの子の手紙も良かったけれど、この子の手紙はいいですね。
 
「間違えたらまたけせるよ」これがいいんだわ
▲ページTOPへ