親家片(おやかた)

今日は、母の家の離れの二階をちょっと片付けました。20年前に母屋を建て替える時にいろんなものを上げていて、そのままになっていたのです。まあ田舎の家ではよくあることですけど。昔は結婚するとお嫁さんの名前を(熨斗紙に)書いて、風呂敷を配ったりしましたが、その風呂敷も山のようにありました。他にも毛糸が箱いっぱいあったり、布も山ほどあったし、これでまた母が一人の時に仕分けなどをするので、その準備をしておきます。
 
20年も放っていたものを、今更またつかうことも多分しないけれど、母に限らず、判断出来るうちに片付けられたらそれが一番良いですね。
 
デイで教えてもらった飾りを一つ貰いました。韓国風味っちゃあそうなんだけど(色かな?リリアンかな?)まあ、いいわ、きれいだから。今日の親家片の記念です。
▲ページTOPへ