fc2ブログ
越えて行けそれを

普段でもTVは殆ど見ませんが、年末年始は特に見ません。車のTVも今は『吉田拓郎70歳のライブ』を見ています。20年ほど前、拓郎さんに篠山に来てほしいと思って、何人かのファンでちょっと考えたことがありました。その頃、舞鶴でのコンサートで、「ホテルの窓から外を見ていたら、何故か涙がこぼれてきて」と言った意味がわからず(いまだにわからずにいますが)、、、ただ、その時、彼は、よほどのことがなければ地方に来たりはしないのだろうと思いました。

インタビューでこんなことを言っていました。「吉田拓郎はフォークと思われているけれど、僕は『吉田拓郎の音楽』なんであって、そこのところを(ファンは)見抜けないでいる」「だから、僕の音楽を聞きたければコンサートにくるしかないンです」「いまだに、ギター1本でなんか歌ってくれるだろうと思われる」。なぜか涙がこぼれてきて、の意味は今もわからないけれど、少し、答えに近いものがあるのかな。が、それよりも、アタシは、この「見抜けないでいる」に強くひっかかりました。

皇室批判のブログを見ていると、かなりきな臭くなりましたね。新年のご様子見ていてもかなりヤバそうですよ。アタシは、あの連中はもう風前の灯状態かと思います。世が世なら「もはやこれまで」とかってお城に火をつけてもおかしくないですよ。で、何が云いたいかというと、安倍ちゃんを信じようと思います。『見抜かれ』ないようにしているのか、というより、誰も安倍ちゃんを見抜けないだけかもしれません。安倍ちゃんでよかったですよ。

「♪越えて行けそこを 越えて行けそれを 今はまだ人生を 人生を語らず (吉田拓郎・今はまだ人生を語らず)」

?写真はパパとチェリーちゃん。お散歩して帰るところ。ウンチみたいなのがチェリーちゃんですが、パパといると、ドヤ顔でしたよー。
▲ページTOPへ