fc2ブログ
明日に架ける橋

アメリカのTVドラマ「ザ・ホワイトハウス」(1999?)は素晴らしい素晴らしいドラマでした。マーティン・シーンが大頭領で、スタッフたちの奮闘ぶりが人間味の溢れるドラマでした。アメリカってすごいわあと思いました。

「どんな困難が待っているのか?もう一度出来るだろうか?その当時の人々がしていたように天を仰ぎ、手をいっぱいのばして、神の顔に触れよう」
「壁にぶつかったら全力で突っ込め。政権を失うかもしれん。だが、ひるむな。真っ向からぶつかれ。議論のレベルを向上させ、それを我々の遺産としよう」(Leeのアンソロジー集より)

トランプは、ヒラリーよりはましだったと思います、が、あの問答無用の馬鹿さといい議論ではなくさかんなツイッターといい、嘆かわしいですね。クリント・イーストウッドが支持している(た)というのがアタシの唯一の安定剤だったけど、いやあ、もうイーストウッドもわからないですよ。

でも、日本の天皇家とかともどこか似ていてこのままいくなら●●になりそうな予感、注意深く見ています。
▲ページTOPへ