10番街の殺人

今日はDVDを2本見ています。1本目は『10番街の殺人』、イギリスで実際に起こった連続殺人事件です。チビでメガネでハゲの変態クリスティーをリチャード・アッテンボローが怪演!これは正義がどうのというような事ではないんです。イケメンだけどオツムが弱いばかりにクリスティーに騙されて、悪い方に悪い方に転がり絞首刑になってしまう被害者の若い男をジョン・ハートが熱演。写真は実際の建物で、実際の家でロケをしたそうで、気持ちの悪い映画でしたが、とにかく変な見応え感がありました。☆☆☆☆★
▲ページTOPへ