FC2ブログ
長いお顔

この間、パパがご飯の時に、テレビにミーの知ってる人が出てました。パパが「長い顔やなあ」とか言うわけ。まあ、「ほっそ(細)」とか「誰々に似てる」とかだとまた違ったンだけど。「長い顔」って言ったもンだから、自分でも可笑しかったのね、「『ちょうずまわし』いう落語があるねん」と話し出しました。
 
ある田舎の旅館に、大阪の客が泊まって、朝「ちょうずを廻してほしい」と言いました。ちょうず(手水)は今の洗面道具です。「ちょうず」の意味がわからない旅館の者は、お寺に訊きにいきます。落語のパターンですね。お寺のおっさんもわからず、字を当てはめて「長頭」やとか言うわけ。で、村で一番長い頭の人を連れてきて、客の前で回したんですw。客は怒って帰ってしまいました。
 
なんか、すごいですね。知らんにしても、その無茶苦茶ぶりがすごい。
 
落語はそのあと、その田舎者が大阪の旅館に泊まって、ホントの『ちょうず(手水)』を体験しますが、とうぜん、トンデモ!なことになります。
 
ミーの知ってる人がテレビに出てはって、それから、落語になりました。この展開も、ある意味すごい。
▲ページTOPへ