リハビリターレとStardust


先に「書写山円教寺」にお参りした時のblogで、円教寺の「円」を難しい字【圓】で書こうとして、「園」で書いてしまいました。幼稚園の園でした。歳による早合点です。失礼しました。訂正いたしますね。
 
しかし、圓教寺、素晴らしかったです。また晴れた日に訪れてみたいものです。東山嘉事さんの石に出合えたのも良かったです。いつか見たいと思っていましたが、縁があれば出合う時があるのです。
 
その書写山にある石の元形が集芸館の庭にあります。リハビリテーションのラテン語「リハビリターレ」と命名しました。「再び人間として望ましい状態にする」という意味です。メンタル的に苦しかった長い時期を乗り越えた時に、東山さんの奥さまからこの石を戴きました。それで「復活」や「復帰」の意味を命名に込めたのです。
 
ペンタスは出初めの頃は、ニックネームの「スターダスト」で呼ばれていました。アタシは「Lee Stardust(星屑のLee)」という名前、ハイインチキくさい名前なんです、もありますので、「スターダスト」と呼ぶのが好きです。スターダストの出初めは20年くらい前です。東山さんが亡くなられて12年、書写山の作品群の設置もそのくらいだったような、リハビリターレが来て10年、「石」は地球の歴史と一緒だから45億年くらい?そして縁によって繋がっていく不思議。
▲ページTOPへ