fc2ブログ
働き者の国

高知には何度も来ていますが、来る度に魅力は増すばかりです。特に、高知の人はどんな仕事場でも「働き者」です。みんな、いつも、仕事をしています。
 
奈半利の友だちは茄子農家です。毎日このようなコンテナをいっぱい出荷します。ほかにも畑で色々作っていて、その合間に花も作っているし家族のことも親戚のこともします。たまのたまに私が行けば「あれも持って帰れ、これも"はめちょく"(荷物にいれておく)きに」とか、今回はこの暑さなので持って帰れないので残念でしたが、しかし、今回もまたまた"行商"のようになりました
 
日曜市はそれこそ「ヒヨコから棺桶まで」でしたっけ何でも売ってあるという、いやあエネルギッシュですよ。お漬物や野菜、「こんなんまで?!」というようなものまであります。ひろめ市場、素晴らしいですね。そして、もっと素晴らしいのが、働いて収入を得て、それをワーッとみんなで飲んだり食べたり楽しく過ごすのに使ってしまうこと。まあ、底抜けの屈託のなさ、素晴らし過ぎます。
 
上級国民だとかアホの国会議員とか何ちゃらだとか、笑うね。はあ?それで?みたいなね。
▲ページTOPへ