FC2ブログ
「我が家」のお皿


桜の枝が"結界(けっかい)"になって、ここから我が家を見るのが好きでした。ここから見るとき、私はこの世にいないのかな?といつも思ったものです。義父母と合わなくてガタガタしている私がいたり、反抗期の娘たちに手を焼いている私がいたりしました。そんな私が見えました。でも、(この世にいないのだったら)手も出せないし口もきけない。私が元気で頑張るのをいのることしかできませんでした。
 
えらいナルちゃん(ナルシスト)ですが、私にもそんな時がありましたよ。でも、いつも、不思議に助けられて今日まできました。パパがいなくなってからは、毎日のように不思議なことが起きて、(あ、パパだ)ってわかります。
 
不思議ですね。
 
パパの遺していた素焼きの中に、真ん中に切れ目があるお皿があったので、桜の枝越しの我が家を描きました。左の端にはお友だちの『Mr.ロンリー』公衆電話です。Mr.ロンリーのところまで我が家の敷地です。
 
今日、金継ぎをしました。金色の桜の枝です。カッコいいです
▲ページTOPへ