FC2ブログ
春が来た

今日は朝から冷たい雨です。もう少し用事をしたら、今日もアトリエにこもります。コロナウィルスのこともあるし、今日などはこんなお天気なので、アトリエにじっくりこもれて有り難いです。写真は昨日のアトリエ、西陽がさしてオレンジの硝子がこんな美しいかげを作りました。
 
 でも、ステンドグラスが嫌いな人もおられるンですよね。そりゃあそうでしょう。その事にはなんの不思議もこだわりもないのですが、ある時、「ステンドグラスが大嫌いなんですよ」と言われたことがありギョッとなりました。その人ではなく、娘さんの婚約者がお嫌いなんだということだったのですが、それをわざわざ言われたような感じで、はあ?と思いました。そして、向田邦子さんの『春が来た』を思い出しました。
 
ドラマでもありましたよね。私は、久世さんの演出で、桃井かおりさんと松田優作さんのドラマが印象的でした。彼(松田優作)が出来たことで、彼女(桃井かおり)の家中が変わって、春が来たようになるのです。はしゃぐ母親を桃井かおりさんが「ン・もゥ、お母さぁん・・」っていうようなシーンが何度もありました。お母さん嬉しかったンですよね
 
最後は、ドラマでは、お母さんがくも膜下出血で亡くなりました。小説の方は忘れましたが、二人は結局はうまくいかずに終わったはずです。向田さん、うまいなあ。この何でもない日常に射した光一つからでも、心の機微を描いて、素晴らしいです。
 
ステンドグラスなどただの光、好きな人もいて嫌いな人もいます。が、わざわざ言われたことよりも、「春が来た」を思い出したことが、数年経っていても時々気になります。元気いてほしいです。
▲ページTOPへ