FC2ブログ
午後のほとりで

今日は昨日のような風もなく、晴れ渡った空のきれいなお天気でした。
 
「ひょいと四国へ晴れきっている(山頭火)」
 
昨日から、例年の「陶器まつり」に代わる「秋の郷まつり・窯元めぐり」がスタートしましたが、私のところは窯元をやめたので、ちょっと不思議な感じで眺めています
 
パパがいて窯元だったら、やっぱり頑張らなくてはならないでしょう。段々歳がいって若い人のように出来なくなっても、後継ぎもいなければ、パパがイベントのお役とか出たりするの、心配しながら頑張るでしょうね。でも、まあ、もうそれはいいんだということは、物の見方も変わるし、やっぱり不思議な感じですよ。でも、まあ、それが今のLeeの基本です。
 
人は、今あるものと、必ず終わりを迎えなければならないということ。どんなものとも。何一つとして永遠に続くものはないのです。だから、どうすればいいかとか午後のほとりで考えたりなんかしました。まあ、文字にすると、また小難しいこと言ってるですが、そんなことはないですよ。
 
落葉のころに、ひょいと四国へいこうかな
 
▲ページTOPへ