FC2ブログ
「パリの小説」No.6

幸福の条件に、何でもいいからとりあえず"成功"すること  というのがありました。「パリの小説」は今11作出来ていますが、額に入った最初の作品は6番目です。
 
こうしておくと収納するにしても手元を離れるにしてもいいじゃないですか
 
相変わらずガタガタですけどね。いいじゃない本職さんが褒めてくれますよ。プロがこんなのしたら恥だけど「プロには出来ませんわ(当たり前!)」「いやあ、商売敵」なんてね。「味がある」とかね。
 
まだ、お膝と肩は痛いですが、これでまた良くなって、元気になるんだ
▲ページTOPへ