fc2ブログ
マリえもん 問わず語り 54

54  こころ踊るメニュー
 
病院での毎食事は本当に丁寧に調理された美味しい献立です。お野菜は、(下界では)高いんじゃないかと思いますが、たくさん使ってあります。私は"高血圧食"になっていて、一日1,400キロカロリーです。
 
他の病気の人にはまたその人の治療に合わせたメニューのようで、前にいた冒険家はよくメニューの内容を私に訊ねていました。合ってることもあったけど、たまに違う献立でした。
 
ご飯が美味しいんです。温かくてふわふわで甘いおご飯ですよ。篠山のお米でしょうね。
 
 
河合隼雄さんが、「わたしらの子どもの頃は、"白いご飯"が食べられる、いうだけで心が踊ったもんです」と言われました。「今はどうでしょう?暑くない寒くない、白いご飯はある、おやつまである。なんでもあるんですね」「心が踊る、ということがない」
 
「昔は、問題を起こすこどもにはそれなりの理由があったものですが、今は(こどもたち)何もかもあって」「親は、何も不自由が無いようにしているのに、なにが問題なのか、と訊いてこられますが」
 
「何でも与えられて、何も不自由がないので、この子は困っているのだ」(河合隼雄さん)
 
白いおご飯で心が踊るということは、申し訳ないけど、それはないのですが、ただ、いつも、隼雄さんのお話とお声を思い出して、胸がいっぱいになります。
▲ページTOPへ