fc2ブログ
宇宙で

写真は今回の抜釘(ばってい)手術で、ご対面することができた‘’プレート‘’です。

踝(くるぶし)の骨折だったのですが、内踝は長いスクリュー一本でしたけど、外踝はこのプレートが複雑に砕けたお骨を集めて、短めのスクリュー8本でとめてありました。

私以外の人はみんな「怖い!」といいます。まあ、確かに、怖いはあるかも。それでもって「首から下げようかと思ってるのヨ」と言うと「えー!それは怖すぎるからヤメテ!」と。

まあ、確かに

「それとも(or)、バレッタにして頭につけようか!」「それも怖いー!」

じゃあ、、怖がられない方法を考えよう

というので、ちょっとデコりました。ビーズはマスクのチェーンです。ちょうど、小さなリングがあったのでそれをつけて、チェーンをつけました。

まあ、また何か方法が見つかるまではこれでいいか。要は、何としてでもこれを身に付けようと考えています。なぜなら、これは、この宇宙の中で、私だけに届いたものだからです。

細かな数字があります。おそらくシリアルナンバーでしょう。私がどこかでジェーン・ドゥ(身元不明の遺体※サスペンスの見過ぎ)になったら、このシリアルナンバーで身元がわかったりするのでしょう。

お怪我からこちら、非常に不思議なことが多く起きています。そして、お誕生日に、このプレートに出合うわけです。

プレート占いとかしたりして… その方がコワイというか、占いはしないですよ、哀しいじゃないですか。

そしたらやっぱり、首から下げよう。「何族なん」
▲ページTOPへ