fc2ブログ
ミモザのエール

孫君が春から中学生になります。制服のズボンとジャージの体操服のズボンの‘’裾直し‘’を頼まれました。制服の方は問題ないのですが、

ジャージのズボンは、裾が細くなっているので、折り返すと幅が違うので、、どーしたらいいのかと考えましたが、
なにせ素人なので、生地がジャージだけに不細工になってしまいそうで。

お直しのお店に持っていきました。市内のお店がお休みじゃなかったのでラッキーでした。「この時期、この手の駆け込みでいそがしいです」と言われていました。

私がこどもだった頃を思い出しました。制服の襟は家で縫って(制服に)取り付けてもらっていました。だからお襟はみんな違っていました。それでも、

どこの親もみんな忙しかったのに、みんな(親やお家の人に)してもらっていたんだなあと思い出すと胸が熱くなります。そう言えば、上着も肩で縫い上げしてもらっていた子もいたし、それなりにみんな不細工なことしてたけど、

それでもみんな大丈夫だった

それって、すごいこと

今は、不登校やイジメや困窮やシングル家庭や、なんて大変なの!

ジャージの裾上げは、ホントは自分でするつもりでした。でも、もし上手く出来なかったら孫くんが、(不細工だけどグランマがしてくれた)とか(他の子とちがってヘン)とか、もし我慢したら、可哀想だと思いました。

昔と違うんです。

孫くんが楽しい中学校生活がおくれますように。頑張れ!
▲ページTOPへ