fc2ブログ
満天星

今日は足のお怪我の‘’抜釘‘’手術後の最後の通院でした。傷もきれいに治っていて、これでお怪我のことはすべて終わりました。

2月にパパの七回忌、3月に抜釘手術と家のコンクリートの打ち直し工事、お庭のこと、この2ヶ月で私自身も 環境もミニマルになって落ち着くように落ち着くようにと変化してきました。

それは、普通は願望などは努力の結果とかあるものですが、そうではなくて、自然に環境の方からそうなって整ってきたように思います。

お世話になった病院は来年に閉院がきまっているそうで、それがあったので、先生のおられる間にと手術を決めました。一年余り前のお怪我入院の時と比べると今回は病棟も外来もひっそり感がただよいかけているようでした。

出合いがあって別れがあって、始まりがあって終わりがあって、それが世の中です。まだお若い先生でした。これからますます活躍されるでしょう。私はお怪我の記念に‘’チタン‘’の釘やらプレートやらをいただいて、この宇宙で最強の御守りを手に入れました。‘’フツウ‘’のように見えて、実はすごい出合いだったんだなあとチタンの御守りを見ては思います。

病院の玄関脇にドウダンツツジが愛らしい花をつけていました。ドウダンツツジの漢字は‘’満天星‘’、その名のとおり満天の星をたたえた宇宙のようです。今日に相応しい花でした。
▲ページTOPへ