西陽のさす窓辺

今日(午前中に)伐った木を別なアングルから。実は、午後にでも根本から伐ろうと考えてはいたのですが、ちょっと用事が多かったのもありましたが、ちょっとスタミナ切れになりまして、できませんでした。
 
そのうち、大きな南京ハゼが、下にも枝を張ればいいですね。しばらく西陽が射すでしょう。
 
「西陽でやけた畳の上・・」桂銀淑(ケイ・ウンスク)さんの歌ですが、「あの人がくれた花瓶」とつづきます。アタシ、長い長い間、「あの人がくれたチャビン」と聴いて、へー、変な人だなあお茶瓶くれはったンやてと思ってました。まあ、花瓶でも、かなり変ですけどね。焼き物屋さんだったりして。
 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
▲ページTOPへ