丹波焼きの徳利のランプ

パパの徳利にステンドグラスのシェードのコラボレーションです。丹波焼の産地ならではのものをと、これまでに10台ほど作りました。ベースもシェードもかなり前のものですが、久しぶりにクリエイトする気になったので。
 
ランプの配線も久しぶりでしたが、一回で上手くいきました。いやあ、電気のことは、ほんとはよくわかりません。【中間スイッチ】というのは、コードの途中にあって、手元でオン・オフをするスイッチです。強弱もあります。で、これなんか、教えてもらったとおりにしたら出来るというだけで、なんで強弱になるのかの理屈が全然わかりません。
 
たまに、点かない点かない言ってたら、切れた電球だったりしてね。
 
まあ、なにはともあれ、結果はAll Rightであります。そして、何であれ、成功というほどのものではないにしても、上手くいったという体験はとても大事です。良い連鎖につながりますから。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
▲ページTOPへ