FC2ブログ
哀悼の1・17

先日、神戸のあるお店から、年度末を期に事業の精算手続きに入りますというご挨拶にきてくださいました。コロナの影響が大きいようです。来てくれたのは、まだ若い、震災の頃にはまだ小さかっただろう青年でした。残念です。
 
そういう私も、今日からあることを"simplify"しようと決めました。時は流れていきます。よくも悪くも。一年後、いやいや明日にも、このすぐあとにすら何が起こるかわからない。そうして時は過ぎていく。
 
せめて今日は、これからをどのように生きていけばいいか、考える日にしたいと思います。
 
写真、兵庫陶芸美術館の半旗
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
▲ページTOPへ