FC2ブログ
妖精ちゃんのパシリ

今日は北風が吹いて寒いのですが、孫ちゃんがおバスまで歩いていくというので、グランパのお墓の下で見送りました。歩いて行く後ろ姿がどことなくパパ(グランパ)に似ていました。ちょっと片方の肩が下がって
 
昨日、半年前にご主人を亡くしたお友だちが来ました。お元気な時は静かで恥ずかしがり屋で、店にもなかなか入ってこられなかったものです。その内楽しいお話をいっぱいしましたが、亡くなられる数年前から段々と痴呆が進み、徘徊や、暴れたり物を壊したりもされました。家族の方は怪我が絶えませんでした。みんな、気の毒でした。
 
その彼女が、「今の方が、お父さんと一緒にいるように思えるの」と言いました。
 
彼女は浄土真宗なので、ご主人はご浄土でもう偉い人になられているのかもと言います。私は(一応)天台宗ですが、パパは偉い仏様たちの美しい御国で妖精ちゃんたちと住んでいて、パパも(姿を変えて)現れることはあるけど、多くは妖精ちゃんたちがパパのお使い(この世でいう"パシリ")で来てくれるンじゃないかなと(※「金継ぎの妖精」)話しました。
 
どちらにしても、また他の考え方にしても、受けとる方に"力"が要ります。パパは美しい国で、妖精ちゃんにパシリしてもらってのんびりしてるはず。いいね。お友だちとも、その辺は同じです。
 
こぼれ種で芽がでたラグラスが少し大きくなりました。小さな、ぺんぺん草みたいな花は寒くても咲いています。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
▲ページTOPへ