fc2ブログ
ミニマリストのお入院 9


9  Paris(パリ)の缶
 
もし入院ということがあればと、普段から一応の荷物はまとめていました。さて、実際に救急車に乗るということになったわけですが、、今回、幸運にも、娘が出勤前で、体育会系のお姉ちゃんが長い脚で走って、入院バックも持ってきてくれました。用意していたのにちょっとびっくりした様でした
 
他の、お薬手帳や診察券などもすぐわかったようで、本当に、これが、頭でも打って呼び掛けられてもぐったりだったらと思うと、痛いことよりも、その時から「パパありがとう」でした。
 
さて、お入院カバンは時々旅にも持ってでました。ポケットからホテルのアメニティグッズなどが出て来て、なかなか面白い。
 
エッフェル塔の缶(写真上)はソウイングキット(写真下)の缶です。すっかり忘れてしまっていたので、バッグの底から出てきた時は嬉しくなりました。
 
針が刺してあるのは、大好きだった、今からだと50年近く前のセーターを、いろんなものにリメイクして、それでもまだ落ちていたような端っこを拾って丸めたもの。
 
フランスに行きたいっ、というのは特にないけど、ステンドグラスのファンタジーの舞台がフランスで、また、イギリスの妹(アメリカ人)と「サンチアゴ・デ・コンポステーラ(フランスからスペインへの巡礼)に行こうね」と約束しているのです。妹は陶芸をしていたので、パパもよく知っているし、足が治って、「いってきたら?」ってことになったら、その時はきっとパパが飛行機を迎えに寄越してくれるかもです
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
▲ページTOPへ