fc2ブログ
ミカンの花の咲く頃

小学校で"アゲハ蝶"の観察をするのに、お餌が柑橘類の葉っぱということで、母のところのミカンの枝を伐ってもらっていました。
 
母が毎年、ミカンを持って帰って、とうるさくて、それが不味いマズイみかんで、親にも豊作のみかんにも甚だもったいないことだけど、もう毎年、いやでたまらないミカンです
 
伐ってくれたのは弟で、木が大きくなりすぎていたからちょうどいいタイミングだったと、ヒトが三人分くらいの枝を伐ってくれていました。ブルーシートに包んで、小さなアルトの後部座席はいっぱいです。不審だからって警察のパトカーに止められるかもしれません。白い花が咲いて、スキッとした爽やかな薫りがします
 
まずくて、不審で、さわやかな薫りってわけがわかりませんが・・・
 
ミカンの花の咲く頃、いつも思い出すことがあります。和歌山の有田に転勤した人がお手紙をくださいました。
 
「和歌山に来ないか。ミカンの花が咲いているよ」
 
手紙というのがいいですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
▲ページTOPへ