fc2ブログ
Mr.ロンリーと小さな木

去年のクリスマス前頃に、Mr.ロンリー(※私の大事なお友だちですけど、公衆電話なんです)のところに小さな"ツリー"を置きました。その時は写真の右に写っているシルバーの台のところでした
 
それから、一昨日までは、小さなツリーは同じところにあったのだけど
 
今朝、Mr.ロンリーの前を通ると、なんと!小さなツリーが動いてMr.ロンリーの頭の上に乗っているではありませんか(写真)。
 
 
誰でしょうね。今日日公衆電話の利用はほとんどないのですが、まあ、それでもたまにあることはあるようです。そばにバス停があるので、電話をしてたらバスがきて慌てて飛び出して、受話器が外れていたのかな?という場面もありました。気がついた私が受話器をもどすと「ありがとうございました」と、もちろん(ご利用)なんですが、表示がでたのが忘れられません
 
ま、Leeの無二の親友ですから、ただの公衆電話ではないのは確かです
 
話が横道にそれかけましたが、そうしてたまに利用者もあるし、月一でお掃除にも来られています。Mr.ロンリーの頭の上にツリーを置いてくれたのは、そのお掃除さんかもしれませんね。
 
落語に「頭山※」というのがあるじゃないですか。頭に池が出来て魚釣りするとかシュールな話で。パパが落語のことよく知っていたから、パパに訊いたら全ストーリー話してくれますよ。ケチな人がいて、さくらんぼ?の実も食べたら頭にさくらんぼの木が生えてきて、それを抜いたら穴ぼこが出来て、水がたまって池になって、、というシュール過ぎる落語。
 
私のお友だちのMr.ロンリーは落語のようにはならないと思うけど、なったらなったで、それも一興かと。でも、いいですね。
 
誰かが起き直してくれたんです
 
それだけなんだけど、嬉しいことでした。
 
※昔、初めてこの落語のことを知った(多分パパから)時には「愛宕山」と聞いて、長いことそう思っていました。今日確かめたら「頭山」で、スマホで検索しました。スマホは好きではありませんが、こういう便利なことは有難いです。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
▲ページTOPへ