朝のピアノ

この頃、全くと言っていいくらい新聞TVを見なくなりました。カゴイケのことから、マスコミの偏向甚だしく、ニュースはスマホのヤフコメで充分です。それでも、見ないようにしていても写真等は目に入り、カゴイケの詐欺顔でこのところずっと消化不良気味です。ひどいですわあ。今朝は野田(佳彦)がどアップで映っていてビックリ仰天、すぐに消しました。ホ●だそーで、野田の気持ち悪さマックスです。ピアノを弾いて解毒しないと。
 
映画の中のステンドグラス

クリント・イーストウッドの『目撃』。一度見たものの、ほとんど忘れていました。というのも、ストーリーがもう一つ過ぎてw。なんか、も一つ。大統領(ジーン・ハックマン)が殺人にからんでるという展開なのになんか呑気で、全然怖くない。いまのTVドラマのほうがはるかに大層してるし怖いですよ。ただ、出演者がかなり豪華。クリント・イーストウッド、エド・ハリス、スコット・グレンもクールでいいです。ローラ・リニーもイーストウッドの娘役(写真 )ピッタリ。
 
クリント・イーストウッドの初監督作品ということで、ムダの無い画面処理やちょっとした洒落た会話といい、それは充分に知ることが出来ました。エド・ハリスがいい感じです。★★
ミモザのcasa

お友だち(70代半ば)が認知症になりかけたと一年ほど前から聞いていましたが、なかなか会いに行けず、この間、約束をしてお昼ご飯に連れだしました。約束の電話をした時は本人が出て、私の名前を言うとすぐにわかったし、ランチの約束も普通に出来たし、別段変わった様子は感じませんでした。聞いていた話だと常に誰かが側に付いていないといけないようなことでした。ただ、大きなお店をしているので、店の人には「この日にどこそこに食事にいくと連絡はしておきました」
 
食事の間も帰り道も、彼女はとても普通で、なにも変わったことはありませんでした。あったとしたら一つだけ、今までは会うと必ず御主人(施設に入居中)のことやとっくに亡くなったお姑さんのことなどを聞かされていたので「そんな、屍(しかばね)を背負うようなことしてたらしんどいよ」と言ったものですが、今から思うと、その頃の方が病気のようでした。今は穏やかになって、昔の私のことも思い出して心配してくれました。
 
今度は少し遠くに行く約束をしました。「美山の方に『ボケ封じのお寺』があるから行こう」というと「あらうれしい、ボケ封じなんて私にピッタリやん」なんて。そうでしょどこが変でしょうか。どこも何も変じゃないですよ。
 
『優しくしなさい、人は皆、人生の闘いを生き抜いている』アレキサンドリア(現エジプト)の言葉
『愛と追憶の日々』


この頃TSUTAYAの『旧作10枚2週間(1,080円)』をりようしています。10枚のうち半分は見たことのある好きな映画です、あと半分は適当にチョイスしますが、失敗もあります。 が、新作を『一泊』とか『二泊三日』とかが合わなくなりましたので、『二週間レンタル』はいいです。『愛と追憶の日々』も、34・5年前の映画で、何度も見ました。
 
オーロラ(シャーリー・マクレーン)と一人娘エマは一卵性双生児のように親密な親子。愛情一杯の母と子です。エマの結婚、育児、引っ越し、夫の浮気、エマの浮気、オーロラも隣に住んでいる女好きの元宇宙飛行士ギャレット(ジャック・ニコルソン)と深い仲になり、このあたりはコメディタッチ。特にジャック・ニコルソン、素晴らしいです。やがてエマがガンで亡くなります。別れの場面は、もちろん人生にもあることですが、映画に限っていえば、Leeはこの映画がもっとも好きです。
 
花の咲いた庭で、エマのいない喪失感にうちひしがれて誰も所在なく過ごしています。写真下はギャレットがエマの一番下の子供メラニーの相手をしながら庭に出てきたところ。こういうオイチャンいますが、ジャック・ニコルソン最高!そして、写真上は難しい年頃の長男に「プールで泳がないか」と声をかけます。少年は「(こんな時に)まずいんじゃない」といいますが、「泳ぐ宇宙飛行士だ」とか言ってるところです。
 
シャーリー・マクレーンとジャック・ニコルソンが最高の映画です。
優れものマジックハンド


世に『マジックハンド』というアイデア商品があります。手が届かない所のものを取ったりしてくれる、これは本当に便利なものです。脚に限らず身体が動かないとき、今は知りませんが、外車でゲートを通るときにチケット取ったりとかね。母が車イスになって、カーテンを閉めたり落ちているものを拾うなどなど、もう、大活躍です
 
さて、そのマジックハンドですが、オモチャみたいなのもありますが、ダイソーさんのが大変なスグレモノです。写真下はマジックハンドの手で握るところ、写真上ははさんでいませんが先の部分です。『なんでもキャッチャー』という名前で、長さは84cmもあります。シャープなフォルムといいムダのない動きといい、これが108円とは信じられません。驚きのスグレモノです。
▲ページTOPへ