FC2ブログ
ジャズ奏者の絵

画家の浅井泰雄さん(京都在住)は「音楽奏者」を描かれます。写真は「バンドネオン奏者」です。個展のご案内を戴いていましたが、昨日お葉書に気がついて、なんと、終了していました。
 
昨日は、携帯が鳴って、たまたま直ぐに出ましたが、実は、いつもなかなか出ないので、この頃電話も少ないンです。まあ、それは余計なことでしたが、電話は視聴覚スタジオからでした。11月末締め切りの「作品」どんな感じですか?という様子伺いでした。「この頃サ、ずっと"土かたのおかみさん"やってンの。でも、頭ン中ではずっと考えてるから、陶器祭りが済んだら取り掛かるね??」と言いました。
 
がんばろ
 
誰だったか、、 「簡単に万策尽きたなどといってくれるな。二十策も三十策もしてから言え」と言われましたが、ホンマですよねー。土方のおかみさんがどうとかでガタガタ言ってるわけではありません。が、毎日バタンキューで、それに集中しています。
 
陶器祭りが済んだら。
「設計図は現場にあり」

一昨日、「探検バクモン」というTV番組をみましたよ。東京のもの作りの会社の社長でしたが、NASAや医療の現場の最前線で使われていて、小さな巨人と呼ばれている社長さんでした。発想が自由で素晴らしかったです。
 
無からモノを造り出す楽しさ、そして「設計図は現場にある」という哲学。パパとよく話したことの一つでしたね
 
めったにTVは見ませんが、たまにはいいものです。
ピーコックの解答

25年以上使っている保温ポットが、急にスカスカ言いかけて、「なんだ?これは?」みたいな。代わりはすぐにいくらでもあるので、長年使ったし、まあ壊れることもあるのかなあと思いつつ、もしや直るものなら直してみたいと思いました。メーカーが「孔雀印」で、あんまり聞いたことなかったけど、電話番号もわかったので掛けてみました。
 
すると、何べん掛けても話し中で、ンー、よくわからない。まあ、別段困りもしないのですが。それで、その「揚水パイプ」というものをしげしげと眺めていました。故障ってこのパイプしか考えられないのです。
 
初め、一番上に穴があいているのですが、そこをテープでふさいでみました。すると、お湯を全く汲み上げないので「あ、アカンわ」って感じで。ンー、シンプルな構造なんです、なんて偉そうに。これを考えた人すばらしいです。ふと、チェリーちゃんが指さしているパイプの部分をさわってみると、ズレていまして、ズレを直したら、トラブルも解消しました。
 
そうかこれやったンか
 
直りましたわ。素晴らしい!
つわぶきのスタンダード

昨日はいつもの「ボケ封じのお寺」に参ってきました。おかげで90になる母はボケていないので、一ケ月に一回はお参りします。曹洞宗の無住のお寺ですが、綺麗にお庭が剪定されて、周りの土手の草も刈られて、気持ちがいいお寺です。つわぶきの花が辺りを明るくして咲いていました。
 
ここ一週間余り、マルシェの準備で店の内や外周りを片付けていまして、土かたのおかみさんしています。いろいろなことを判断しなければなりませんが、パパの「それでいい」というスタンダードがあるので、大丈夫です。良い人たちに出会い続けて、有り難いです。
 
しかし、毎日、力仕事ばっかりしてまして、毎日バタンキューです
マルシェの幟

こんなん作りました。Leeは幟というものが嫌いなんですが、それで、自分で作ります。白いのを2本、ジャパンブルーのを4本作りました
▲ページTOPへ