コシアブラ・タラノメ

山菜を戴きました。最初に訊いて下さったので、私は山菜摘みはしないのと、パパがいないので「少しでいいですよ」と言ったのですが、とてもたくさん下さいました。
 
パパが管理していた「タラノメ園」は、今年も誰かに盗られてしまいました。パパ、いっぺんさ、誰がパパの大事なタラノメを盗んでるか、なんか、しようか。私は「○○ちゃん違う?」とか言うんだけどね。(*≧∀≦*)キャハハ!きっとそうだよ。おっ、大変!○○ちゃん、犯人にされてますがな。
青いさくらんぼ

今年もさくらんぼが実をつけました。花の頃は春の嵐だったから、あの嵐で受粉したのだったら、もしかしたらちゃんとしたさくらんぼの実にはならないかもしれないけど、ネットをかけようかと思っています。
やはり野におけ蓮華草

アタシの英語が(この数日間で)上手くなった、と言われたことで、ふとあることを思い出しました。かなりな年配の人ですが、英会話を習い始めはりました!。何でもチャレンジするのは素晴らしいと思います。が、先生との合う合わないもあると思いますが、付いていけなくて胸が悪くなったとか。「しかし、なんでまた習おうと思ったんですか?」と訊いたら、なんと!「まりこさんのように話したいから」なんだそうでした。ギョエー。おまけに、その人は縫いもしないのにミシンを買ったンだとか、それも「まりこさんみたいにしたいから 」だとかで、ギョ・ギョ・ギョエーですわ。なんか、悪いけど、ポイントずれてますやん。私なんか、貰った玩具みたいなミシンなんですよ。
 
昔、加川良さんという人の歌にありませんでしたか?「ボクはジュリー(沢田研二さん)ではないし、スターになるにはほど遠い」みたいな。あとは忘れましたが、まあそういうことでしょ。
 
それで、やっぱり、ちょっと違うかもしれませんが、「やはり野におけ蓮華草」なあんて俳句が浮かんできましたわ。違うんだけど、まあ、そういうことでしょう?自分にあった楽しみでよろしいんではないですか?禅語にはいっぱいありますが、禅語は今は使いたくない、「やはり野におけ蓮華草」ですわあ。やれやれ。
 
写真は菜の花。
プレゼントの薪の束

パパへ 
薪作りは上手くいっていますよ。おとつい、16束作った時は、手がブルブルになって、商工会で書類書くときにガタガタの字になったですよ。ニヒルな前中さんが笑ったので、ウケたのかも。束にするときの【針金のわっか】がもう無くなるので、ビニールの紐ですることにします。切れ端もいっぱいできるので小さい束(写真)も作りましたよ。カワイイやん。まあ、これはオマケね。大きな束の薪を買ってくれたらね、あげようかなって。
 
「買うよ」っていう人はあるから、大丈夫。まあちゃんなんか、自分でもつくるのに、きっと一番に買うって言うね。きっとね。薪をしているところに、スズメが来て可愛いですよ。
 
トレイシーたちは今日は高野山に行きます。「マリコも来てほしい」って言ってたけど、無理や?っちゅうの。よくパパと、「大丈夫かいな」って言って笑ったね。(トレイシーの)娘たちなんか、毎日9時頃に起きて来るんだもの。ズレてんの。広島にも行ったらしいけど、お昼頃に京都をでて、広島に着いたら時間が無くて、帰ってきたんだって。ズレ過ぎだよね。トレイシーがパパに会いたかったって何度も何度も言っていましたよ。
 
さて、薪もだけど、もっと小枝がいっぱいあるので、「柴」もつくるつもりです。今度はスズメが来ている時に、写真を撮ります。では。
コンビニのFax

7・8年前に、北海道からFaxを送ることがあり、コンビニの電話機を借りました。150円だったと思います。
 
昨日、トレイシーたちがまだ京都にいる間に連絡を取りたいことがあり、途中のコンビニに寄ると、今は【コピー機】から(Faxも)送れるんだそうです。すごいですねー。
 
操作も簡単で、「間違いさがし(写真)」をしている間にファクシミリは送れて、料金は50円でした。日本のコンビニ素晴らしいです。
▲ページTOPへ